お気軽にお問い合わせください。

注文住宅

[住まい造りを計画中のあなたへ]

一般にマイホームを考える時、最近の流行でまとめてしまいがちのようです。

例えば

1外観の流行

①純和風  ②新和風  ③アーリーアメリカタイプ ④プロバンス風

⑤ブリティッシュスタイル etc

2間取の流行

①キッチン+リビングダイニングタイプ ②ダイニングキッチン+リビングタイプ

③キッキン+ダイニング+リビンクタイプ  ④簡易型二世帯住宅

⑤完全二世帯住宅etc ※①と②のタイプには対面式と非対面式が有ります。

3構造的流行

①在来木造  ②ツーバイフォー(枠組壁工法)   ③軽量鉄骨造

④重量鉄骨造  ⑤鉄筋コンクリート造 etc

4設備的流行

①暖炉.鉄ストーブ   ②床暖房   ③セントラルヒーティング

④オール電化   ⑤太陽光発電 etc

のような流行が有ります。この流行には住まい造りの進歩の結果によるものと

そうではないものが有ります。つまり、流行ばかりで決めてしまうとすぐに飽きが

きてしまいます。家族のライフスタイルを良く理解し、必要に応じた流行を取り入れ、

住まいに変化させれる部分を造っておくことが永く住める飽きの来ない住まい造り

に大切な事なのです。

次に住まい造りにおけポイントを挙げてみます。

a.間取 b.外観デザイン c.室内デザイン d.間取 e.構造 f.設備

g.アフターメンテナンス h.耐久性  i.コスト  k.保証 etc

a~kは住まいを計画する上で重要な項目ですが、これらの項目にも流行がある

といってよいでしょう。ちなみに何時アンケートをとっても必ず多くの人が〇をつける

のはi.コストです。[ 一番気になる項目ですよね! ]

前述ではライフスタイルを考慮する事をお勧めしましたが、ここでは、コストを考える

うえで地域性(環境)を考える事をお勧めします。現在流行ってはいても地域性を考

えると省く事のできる不必要な事がたくさん有ります。

正しい住まいの計画をするためには家族のライフスタイルと地域性(環境)を理解

する事からはじめましょう。

(追伸)

建売住宅は実際に見ることが出来るという点では注文住宅よりも安心かもしれません。

見て80%の満足度が得られそうであればそれはあなたとあなたの家族にとって完成

した注文住宅と言って良いでしょう。

※間取を考えるための参考にとプラン例と実績プランを別のページに載せています。

Query